鬱病と思ったらチェックしましょう|症状の種類について

鬱病は身近にある病気

女性

鬱病は誰でもかかってしまう病気です。少しでも不安と思っている方は専門の病院で鬱病チェックを受けましょう。鬱病になりやすい性格と言われているのが、几帳面の人、仕事熱心の人など様々です。共通して言えるのが人間関係や環境の変化で受ける、過剰なストレスが主な原因とされています。では、人間関係や環境の変化によって発症してしまう鬱病の症状について紹介します。症状には2種類あり、一つ目が「心に現れる症状」二つ目が「身体に現れる症状」です。まず、一つ目の心の症状について説明します。その症状の中には、意欲の低下や思考の低下があります。意欲の低下をわかりやすく説明すると「すべてが飽きてしまう」ということです。人は常に行動している生き物です。お腹が空いたら炊事をするのが当たり前、趣味をしている時が一番楽しいのも当たり前です。しかしそれらの行動が飽きてしまったらどうでしょうか。何もやる気が起きなくなってしまうのです。そうすると仕事も行かなくなったり、趣味をしてもストレス発散ができなくなるのです。この症状が自分に現れたときに、周りの方はようやく鬱病と気づくことが多いです。次に思考の低下をわかりやすく説明すると「妄想の世界に迷い込む」ということです。人は毎日、物事を考えたり、妄想したりします。また、考えすぎないように思考を止めることができます。その思考を毎日行なうことで、人それぞれの性格が生まれるのです。その状態は正常です。しかし、鬱病患者の場合は、その思考を考えすぎたり、妄想を止めることができなくなったりします。その妄想は些細なことでも気になってしまい、それが罪悪感を生み、自分で背負い込んでしまうのです。このような状態に陥ってしまうと、「自分は必要とされない人間」と思い込んでしまうのです。続いては、二つ目の身体に現れる症状について説明します。代表的な症状は倦怠感と睡眠障害です。倦怠感は疲れている時や気分が沈んでいるときに、身体も一緒に重くなったり、疲れたりすることです。一時的な倦怠感は休むことで落ち着かせる事は可能ですが、鬱病の場合は全く倦怠感がなくならないのです。もし、倦怠感が取れなくて不安なら専門家に診断してもらいましょう。それと、睡眠障害になる可能性もあります。寝付きが悪くなったり、深夜に何度も起きてしまったりすると睡眠障害の可能性が高いです。原因に心当たりがない場合は、専門家のもとで鬱病チェックを受けましょう。

男性

鬱病チェックは大事

鬱病の心配があるならセルフチェックをしましょう。行なうことで自分の現状を理解することができます。大丈夫と思っている方こそ注意してください。いつの間にか鬱病になってしまう可能性があります。

ナース

鬱病になる前の前兆とは

どんな病気にも前兆が必ずあります。その前兆に気づいていたら悪化しなくてよかったと後悔する方も多いでしょう。ここでは、その前兆について説明します。少しでも不安になったら鬱病の前兆チェックをしましょう。

カウンセリング

鬱病に効果的な栄養素

どんな病気でも食事をすることは必要です。その中でも必ず摂取したほうが良い栄養素があります。症状の緩和や改善に繋がる栄養素をチェックした上でしっかりとバランスよく摂取して下さい。

白衣の人

もし家族が鬱病になったら

大切な家族が鬱病になってしまうことは、とてもつらいことです。しかし、症状を改善するためには家族の力が必要なのです。ここでは家族が鬱病になった時の対処法について説明します。しっかりチェックしましょう。